家賃3万円の6帖アパートでカツカツな生活を送る男の漫画ブログです。
金が底を尽きてくたばるようなことがなければ毎日更新します。

今回は、カツカツ生活とは関係ないのですが以前に職務質問された時の話を綴ろうと思います。

緊急事態宣言が発令される少し前の今年3月中旬頃、某駅構内を歩いていたら
l2553
警察官の方2人に呼び止められました(警察官の方の具体的な服装は忘れてしまった…)。
記事タイトルの通り職務質問だったわけなんですが、
l2554
マスクに加えニット帽だったりフードだったりとどこからどう見ても怪しいパーフェクト不審者スタイルだったため、用件を伺う前に職質だなとわかりました。
l2555
というか素の状態でも怪しいので、仮に上記の怪しい要素が無かったとしても不審者に変わりはないけど。

その日、Twitterで報告ツイート↓
をしたのですが、厳密には「大福を見ていたら」ではなく
l2556
駅構内で大福が販売されているのを発見し、
l2557
いくらかな?と物色しにUターンしたところでした。

この行動を図で表すと
l2558
こうなります。これを傍から見ると
l2559
警察官の姿を視認して慌てて逃げた人みたいになっていたと思われるので、格好と人相だけでなく行動も不審というコンボを知らずのうちに決めておりました。
小走りで進行方向を塞ぐ感じの呼び止め方だったのも納得。

しかし「テメエどこに逃げようとした!」といった感じで詰められることはなく、警察官の方々の物腰は最初から最後まで大変柔らかく
l2560
持ち物チェックの雰囲気も穏やかな感じで、その態度にちょっとホッとした記憶があります。
ただ、
l2561
財布はめちゃくちゃ見てた(当たり前だけど)。小銭入れの裏側の隙間は奥の奥の奥の方までしっかり確認してたので、法に反する物を所持している人はそこに隠すケースが多いんでしょうか。
なんにせよあのチェックを潜り抜けるのは不可能だろうし、こりゃやましいモノを隠し持ってる人は警察官から逃げるわけだ。

五輪が近い(※当時はギリギリ延期が発表される前だった)ためこういったことを強化的にやっているとのことで、「ホラあそこにも」と指差した先には
l2562
反対側の壁で目を光らせる別の警察官の姿が。
なるほどね~今日はこの駅構内をしっかり取り締まってるんだな!と、身元照会してもらっている間しばらく様子を見ていたのですが
l2562
l2563
特に動きナシ。どれだけ自分自身が不審者だったのかを痛感しました。あれだけ人通りの多い駅構内であの瞬間に関しては選ばれし不審人物だったという悲しい事実。

当然ながら何か所持していたわけではないので、すぐに解放(?)してもらい事なきを得ました。
「●●と●●●●と包丁持ってたのでそのまま捕まりました!」みたいなオチが何も無いヌルっとした終わり方ですみません。


この経験をしたことで、今まで散々言われてきた「人相が悪い」といった指摘に「でも職質されたことは一度も無いからセーフ」という返しが使えなくなってしまったのは非常に痛いけど、貴重と言えば貴重な体験でした。
というかこの時に「怪しい印象にならないように格好くらいはきちんとするようにしよう」と自戒したはずなのに、結局最近もジャージ+帽子+マスクでフラフラしてるな…。

●Twitterやってます。


●登録していただくと更新通知がLINEで届きます↓